ここから本文です

オランダ代表10番が移籍へ…トッテナムとエヴァートンが獲得を検討か

SOCCER KING 7月17日(日)19時5分配信

 ニューカッスルのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの獲得をめぐって、トッテナムとエヴァートンが争っているようだ。16日付けのイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 ワイナルドゥムは昨夏、PSVから5年契約でニューカッスルに加入。不調にあえぐチームの中で孤軍奮闘し、プレミアリーグで11得点をマークした。クラブが降格したことで同選手は移籍するとみられており、トッテナムとエヴァートンが獲得に興味を示しているという。

 同紙によればトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がワイナルドゥムの獲得を望んでいるという。しかし、同クラブのダニエル・レヴィ会長は移籍金として設定されている2500万ポンド(約35億円)は選手の価値に見合っていないと考えている模様。この取引が実現しない場合、ポチェッティーノ監督がエスパニョール時代に指導した経験もある、バルセロナのスペイン代表FWクリスティアン・テージョも候補になると見られている。

 今シーズンからドナルド・クーマン監督が指揮を執るエヴァートンも、ワイナルドゥムをチームに加えることを検討している。また同監督は、同じくニューカッスルのオランダ代表GKティム・クルルにも注目。同選手は昨シーズン長期離脱を喫していたが、すでにトレーニングに参加しており、新シーズンに復帰できる可能性が高まっているようだ。オランダ人のクーマン監督が、同胞の2人をプレミアリーグに呼び戻そうと試みている。

 ニューカッスルは今夏、イングランド代表MFアンドロス・タウンゼントや元アルゼンチン代表DFファブリツィオ・コロッチーニなどが退団。降格を機に戦力の入れ替わりが激しくなっている。

SOCCER KING

最終更新:7月17日(日)19時11分

SOCCER KING