ここから本文です

アーセナルに旅立つ浅野の広島ラストマッチはドロー…横浜FMが第2S単独首位に

ゲキサカ 7月17日(日)21時0分配信

[7.17 J1第2ステージ第4節 広島2-2横浜FM Eスタ]

 アーセナルに移籍するサンフレッチェ広島FW浅野拓磨のラストマッチに25845人が駆け付けた一戦は、2-2で引き分けに終わった。勝ち点1獲得にとどまったが、横浜F・マリノスが第2ステージ単独首位に浮上した。

 最初に決定機を迎えたのは広島だった。前半7分、左サイドからMF清水航平が仕掛け、PA左から左足シュート。相手DFのクリアボールをMF丸谷拓也がゴール正面から右足ミドルもGK榎本哲也に防がれる。さらに同29分には、MF浅野拓磨とFWピーター・ウタカのパス交換から中央突破を試みるが、シュートまで持ち込むことはできなかった。

 MF中村俊輔が第2ステージ初先発となった横浜FMは前半31分、その中村の左CKからニアに勢いよく飛び込んだDFファビオが強烈なヘディングシュートを叩き込み、先制点。同38分にはDF塩谷司のバックパスに反応したMFマルティノスが右足シュートを放つが、至近距離でGK林卓人に防がれた。

 1点を追う広島は、マルティノスの左足シュートをGK林がファインセーブでピンチを逃れると、後半9分、右サイドからのクロスをMF柴崎晃誠がヘッドで落とし、ウタカが右足シュート。枠を捉えていたが、GK榎本の好セーブに遭う。同12分には浅野が持ち味のスピードをいかして、ドリブルでボールを持ち運ぶ。そのままPA内に進入した浅野が右足シュートを放つも、GK榎本にキャッチされてしまう。

 広島は後半14分にMFミキッチとFW佐藤寿人を投入。さらに同33分にウタカを下げてFW皆川佑介を入れると、森保一監督の交代策が奏功する。同36分、PA右でミキッチが粘って上げたクロスを皆川がヘッドで押し込み、同点。さらに同38分、右サイドからミキッチが入れたクロスに浅野が反応。合わせることはできなかったが、GK榎本が弾いたボールを佐藤が右足で押し込み、2-1と一気に逆転に成功した。佐藤はJ1通算160得点とした。

 しかし、ここまで第2ステージ3連勝中の横浜FMもあきらめない。後半43分、右サイドからDF小林祐三が上げたクロスをFW伊藤翔が豪快にヘディングシュートを叩き込み、2-2と同点に追いつく。お互いに最後まで勝ち越しゴールを狙ったが、試合はそのまま引き分けに終わった。

最終更新:7月17日(日)21時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]