ここから本文です

「俺だったら絶対に行きたい」OA受諾で悩む興梠の背中を押したのは…

ゲキサカ 7月17日(日)22時57分配信

 悩めるエースの背中を押した。浦和レッズのMF柏木陽介が、リオデジャネイロ五輪代表にオーバーエイジとして招集されたFW興梠慎三の決断を後押ししたようだ。

 オーバーエイジ候補に入ったとの報道が出た6月中旬、興梠は当初、「そういうふうに名前が挙がることは光栄で、うれしいことだけど、僕は浦和レッズに所属している。そこが一番大切だし、よく考えて決断したい」と慎重な姿勢を見せていた。実際、DF藤春廣輝(G大阪)、DF塩谷司(広島)の2人は先にオーバーエイジに内定。手倉森誠監督は残る1枠について「こちらは待っている状況」と、あくまで興梠サイドの決断を待った。

 そんな中、興梠に対して「こんなチャンスがあるのに、行かなかったらもったいない。オーバーエイジは3人しかいないのに、監督から『出てくれ』と言われるなんてすごく光栄なこと」とアドバイスを送ったのが柏木だった。

「(興梠は)恥ずかしがりやというか、うれしいけど素直に受け止められないところがある。俺だったら絶対に行きたいし、海外(に移籍したい)とかはないのかもしれないけど、あの舞台で活躍したらすごいこと。俺も(興梠)慎三が出ていたほうが見たい」

 柏木自身、07年U-20W杯ではチームの中心として活躍したが、翌08年の北京五輪では本大会メンバーに選ばれず、五輪出場は叶わなかった。そんなチームメイトの言葉が決め手となったのかは分からないが、藤春、塩谷の内定発表から9日後の6月23日、興梠がオーバーエイジ最後の3人目として内定。その後のリーグ戦5試合で4ゴールを挙げるなど、どこか吹っ切れたようなプレーを見せていた。

最終更新:7月18日(月)3時9分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]