ここから本文です

泣き顔美人コンテストも開催!淡路島の玉ねぎ愛キャンペーンがすごい…/兵庫

Webマガジン コロカル 7月17日(日)11時35分配信

コロカルニュースvol.1776

淡路島の名産といえば、甘くてやわらかい淡路島玉ねぎ。ただいま淡路島では、淡路島の玉ねぎ愛が溢れるキャンペーン〈おっタマげ!淡路島〉を開催中。

【写真ギャラリーで見る】泣き顔美人(性別年齢不問)コンテストも開催!淡路島の玉ねぎ愛キャンペーンがすごい…/兵庫

今回、新たなる試みとして、淡路島の美しい風景をバックに、玉ねぎを切りながら涙を流す姿の美しさを競う〈タマ泣き美人コンテスト〉の参加受付を開始しました。

〈タマ泣き美人コンテスト〉は、「淡路島と玉ねぎが好きな女性、もしくは女装の方」を対象としたコンテスト。経験、所属、年齢は問いません。

書類選考を通過し、最終ノミネートされた方々をプロの映像クリエイターが撮影します。撮影した映像は、Web上で公開され、グッズ化され、一般投票により優勝者を決定するというもの。

優勝者の泣き顔は、“美味しくて泣ける”淡路島の新玉ねぎブランドのパッケージに採用されるのだそう。また謝礼として玉ねぎ7.9kgのプレゼントもあります。締め切りは8月8日(月)。

淡路島では、ほかにも玉ねぎ愛溢れるキャンペーンを開催中。クレーンゲームで本物の玉ねぎを掴むことができれば、潮風たまねぎ1.5kg分をプレゼントする〈たまねぎキャッチャー〉、巨大な玉ねぎのオブジェ〈おっ玉葱〉を設置。

また〈あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店〉にてコーンの上に生たまねぎをのせた〈アイス風・生たまねぎ〉を提供中。SNSでシェアしがいのあるインパクトある記念写真が撮れそうです。ほかキャンペーンの全貌は、公式サイト〈おっタマげ!淡路島〉にて。

information
おっタマげ!淡路島キャンペーン
Web:〈おっタマげ!淡路島〉


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:7月17日(日)11時35分

Webマガジン コロカル