ここから本文です

ハワイアン航空機、羽田に緊急着陸 国内線に影響

Aviation Wire 7月18日(月)7時50分配信

 7月18日午前1時30分すぎ、ハワイアン航空(HAL/HA)の羽田発ホノルル行きHA458便(エアバスA330-200型機、登録番号N395HA)が、羽田空港C滑走路(RWY34R)に緊急着陸した。乗客280人(うち幼児4人)と乗員13人の計293人にけがはないが、着陸時に油漏れとパンクが発生したことから、機体は滑走路にとどまっている。同社によると、復旧の見通しは立っていないという。

 HA458便は17日午後11時50分、羽田空港143番スポットから出発。太平洋上で油圧系統の数値が低下している警告が出たことから、機長判断で羽田へ引き返した。18日午前1時32分にC滑走路へ緊急着陸したが、8本ある主脚のタイヤのうち、4本がパンクし、油漏れが起きた。

 ハワイアン航空では代替機を手配しており、18日中には乗客を乗せて再出発できる見通しだという。

 機体が滑走路にとどまっていることから、羽田を発着する国内線にも影響が出ている。日本航空(JAL/JL、9201)によると、午前9時20分に羽田を出発する福岡行きJL311便など14便の欠航が決定。約1990人に影響が出る見通し。また、このほかの一部便に遅れが出ているという。

 全日本空輸(ANA/NH)は午前7時30分現在、欠航便はないものの一部便に遅延が発生している。スカイマーク(SKY/BC)は通常通りの運航を予定している。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7月18日(月)13時25分

Aviation Wire