ここから本文です

【DDT後楽園】高尾蒼馬 8・28両国で世界ジュニア挑戦決定

東スポWeb 7月18日(月)6時1分配信

 DDTの後楽園ホール大会(17日)の第2試合で行われたタッグマッチで、高尾蒼馬(27)が梅田公太(21)を下して勝ち名乗りを上げる中、全日本プロレスの佐藤光留(36)が世界ジュニアのベルトを手に乱入した。

 佐藤は14日の全日本プロレス・後楽園ホール大会で、同王座の初防衛に成功したばかり。その際、高尾が次の挑戦者に名乗りを上げていた。佐藤は「挑戦表明してくれてありがとう。会社にも許可は取ってある。8・28の両国でやりましょう」と受諾。8月28日のDDT・両国国技館大会でのタイトルマッチが決まった。

 望み通りに世界ジュニア挑戦が実現した高尾は「ホームグラウンドであるDDT両国で挑戦できるのがうれしい。僕はポイント、ポイントで佐藤さんと戦ってきた。ようやく手にできたチャンス。挑戦して終わりではなく、しっかりベルトを取りにいきたい」と意気込んだ。

最終更新:7月18日(月)6時6分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。