ここから本文です

羽田空港、運用再開 ハワイアン機緊急着陸

Aviation Wire 7月18日(月)13時30分配信

 ハワイアン航空(HAL/HA)の羽田発ホノルル行きHA458便(エアバスA330-200型機、登録番号N395HA)が7月18日午前1時30分すぎに緊急着陸した羽田空港は、閉鎖していたC滑走路の運用を午前10時45分に再開した。

 HA458便は17日午後11時50分、羽田空港143番スポットから出発。太平洋上で油圧系統の数値が低下している警告が出たことから、羽田へ引き返した。18日午前1時32分にC滑走路(RWY34R)へ着陸したが、油漏れが発生しタイヤがパンクしたことから、午前9時30分ごろまで滑走路にとどまっていた。乗客280人(うち幼児4人)と乗員13人の計293人にけがはなかった。

 滑走路上で8本ある主脚のタイヤのうち、6本を交換して駐機場へ移動。整備作業が行われている。

 ハワイアン航空によると、パンクしたタイヤは4本で、残り4本も一部損傷がみられたという。A330の主脚は左右1つずつで片側4輪。タイヤを交換したJALエンジニアリング(JALEC)を傘下に持つ日本航空(JAL/JL、9201)によると、片側4輪のうち3本のタイヤが正常であれば、機体を牽引できるという。当該機は全日本空輸(ANA/NH)の牽引車に牽引され、滑走路から駐機場へ移された。

 機体が滑走路に長時間とどまったことから、羽田を発着する国内線にも影響が出た。日本航空(JAL/JL、9201)によると、午前9時20分に羽田を出発する予定だった福岡行きJL311便など14便が欠航。約1990人に影響が出た。このほかの航空会社でも遅れが出るなど影響が及んだ。

 ハワイアン航空では代替機を手配しており、18日中には乗客を乗せて再出発できる見通しだという。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7月18日(月)14時19分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]