ここから本文です

ATM不正引き出し さらに外国人2人逮捕 2億円を回収/台湾

中央社フォーカス台湾 7/18(月) 13:22配信

(台北 18日 中央社)大手銀行「第一銀行」の現金自動預け払い機(ATM)から多額の現金が不正に引き出された事件。17日午後には犯行に関わったとされるラトビア人の男が宜蘭県内で逮捕されたのに続き、台北市内のホテルに潜伏していたルーマニア人の男2人も逮捕された。

台北市警刑事警察大隊によると、事件には少なくとも17人が関与。いずれも外国人で、台湾人は関わっていないとみている。ただ、すでに13人は出国したとみられ、逮捕した男らの取り調べを進めるとともに、逃走者の行方を追う方針。

また、ホテルの部屋や台北駅のロッカーなどからは現金が見つかっており、不正に引き出された8327万台湾元(約2億7500万円)のうち、6050万元(約1億9980万円)が回収されたとしている。

(朱則イ、游凱翔、顧セン/編集:齊藤啓介)

最終更新:7/18(月) 13:22

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。