ここから本文です

【Krush】グレイシャア亜紀を迎え撃つ王者KANA「挑戦者の気持ちで臨む」

イーファイト 7月18日(月)2時0分配信

 7月18日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.67』の公開計量&前日会見が、17日(日)13:00より行われた。

【フォト】王座戦を制したKANAの戦慄のハイキック

 ダブルメインイベント第1試合で、Krush女子タイトルマッチを争う王者KANA(K-1ジム・シルバーウルフ)と挑戦者・グレイシャア亜紀(NEXT LEVEL 渋谷)は、ともに計量を一発でパス。その後、調印式を終えた両者は会見に臨んだ。

 今回が初防衛戦となるKANAは「無事に計量が終わり、明日の試合がすごく楽しみです。そして、女子格闘技界を引っ張ってきたグレイシャア選手が相手ということで、ワクワクしています」と試合が待ち遠しい様子。

「これから自分が女子格闘技を引っ張っていくためには、グレイシャア選手は普通に超えなければいけない存在だと思います。自分は王者ですが、グレイシャア亜紀という選手に挑戦する気持ちで試合に臨み、必ずKOで勝ってKANAの時代を進めていきたいと思います」と、グレイシャアに引導を渡すと誓った。
 
 一方のグレイシャアは「KANA選手の顔が自然と目の前に浮かび上がってくるくらい、練習を頑張って来ました」と言い、「ここまでの気持ちで臨んだ試合はあまりなかったですね」と、この一戦に懸ける思いを口にする。

 KANAの新時代を創るとの発言についても、「私は世代交代とかは気にしないです。強い人が最終的に勝つので、あまり飲まれずに自分の試合をしたいと思っています」と、ベテランらしく落ち着いたコメントを残した。

 新旧女王対決となるこの一戦。KANAが無敗の勢いそのままに世代交代を実現するのか。それとも、グレイシャアがベテランの意地を見せるのか。

最終更新:7月18日(月)2時0分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]