ここから本文です

<速報>イチロー猛打賞で3000安打へ残り6本

THE PAGE 7月18日(月)5時8分配信

メジャー史上30人目となる通算3000安打にカウントダウンに入っているマーリンズのイチロー外野手(42)が17日(日本時間18日)、敵地のセントルイスで行われたカージナルス戦に10試合ぶりに「1番・中堅」でスタメン出場して3安打を放ち、偉業達成まで残り6本とした。

 イチローは、初回の第1打席に、カージナルスの先発、ワカのアウトコースのボールをピッチャーの足元へ返し、ゴロでセンター前へ抜けていくヒット。1点を追う3回には、一死から高めのボールを再びセカンドベース付近へ転がした。イチローの足が上回ったかのように見え、一度はセーフとジャッジされたが、カージナルズベンチはビデオ判定を求める「チャレンジ」を行い、判定が覆り惜しくもアウトとなった。

 第3打席は1-1の同点で迎えた5回。先頭打者として打席に立ったイチローは、ストレートの四球で出塁。プラード、イエリッチに連打が出て、イチローが勝ち越しホームを踏んだ。

 1点リードの6回二死一塁から第4打席。代わった2番手のルーキー投手、ボウマンに対して、カウント1-2から外の変化球をライト線に流し打って二塁打。さらに、第5打席は、2点リードとなった8回一死一塁で巡ってきた。代走のペレスがメジャー初盗塁をマーク。得点圏に走者が進んで、イチローは4番手の左腕、シーグリストから、ショートの奥へ内野安打。逆シングルで捕球したショートのディアズは、走者がオーバーランした三塁へボールを送るのが精一杯だった。イチローは猛打賞を記録して、2994本目。一気に3000安打へ残り6本と迫った。
   

最終更新:7月18日(月)7時31分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。