ここから本文です

離島結ぶ地域航空会社、9月にも新型機4機導入へ/台湾

中央社フォーカス台湾 7/18(月) 14:15配信

(台北 18日 中央社)台湾本島と離島などを結ぶ路線を運航する徳安航空は、今年9月上旬にもDHC6-400型機を新たに導入し、老朽化した現行機材のドルニエ228型機を置き換える見通しを示した。

新型機の定員は19人で現行と変わらない。8月中旬にも試験飛行を行う方針。

同社は1994年設立。飛行機による旅客輸送は2005年、マンダリン(華信)航空やユニー(立栄)航空の離島路線を引き継ぎ、台東―蘭嶼・緑島(台東県)線、高雄―七美(澎湖県)線など5路線を運航している。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:7/18(月) 14:15

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。