ここから本文です

ストロングサウザーが内から抜け出し重賞2勝目/マーキュリーC・盛岡

netkeiba.com 7月18日(月)16時18分配信

 18日、盛岡競馬場で行われた第20回マーキュリーC(GIII・3歳上・ダ2000m・1着賞金2300万円)は、先団の後ろでレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の2番人気ストロングサウザー(牡5、美浦・久保田貴士厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、最後は好位追走から渋太く伸びた9番人気タイムズアロー(牡8、船橋・川島正一厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒4(良)。

 さらにハナ差の3着に5番人気マイネルバイカ(牡7、栗東・西村真幸厩舎)が入った。なお、連覇を狙った3番人気ユーロビート(セ7、大井・渡辺和雄厩舎)は4着、1番人気ケイアイレオーネ(牡6、大井・佐宗応和厩舎)は8着に終わった。

 勝ったストロングサウザーは、父ハーツクライ、母エヴァンタイユ、その父Lear Fanという血統。今年2月の佐賀記念に続く重賞2勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ストロングサウザー(牡5)
騎手:田辺裕信
厩舎:美浦・久保田貴士
父:ハーツクライ
母:エヴァンタイユ
母父:Lear Fan
馬主:村木篤
生産者:社台ファーム
通算成績:22戦8勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年佐賀記念(GIII)

最終更新:7月18日(月)17時54分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ