ここから本文です

「ONE PIECE」豪華ホテルでプレミア!声優陣、中東ファンの熱気に圧倒される

映画ナタリー 7月18日(月)5時0分配信

「ONE PIECE FILM GOLD」の“ゴールデンプレミア”が、アラブ首長国連邦(UAE)・アブダビのエミレーツパレスホテルにて、現地時間7月15日に開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2005年に開業したエミレーツパレスホテルは、30億ドルをかけ、40t以上もの金を使って建設された超高級ホテル。イベントにはキャストを代表して、カリーナ役の満島ひかり、ナミ役の岡村明美、ビット役の三吉彩花の3名が現地入り。レッドカーペットイベントや舞台挨拶に着物姿で登壇し、アブダビをはじめドバイ、クウェート、カタールなどから集まった1000名を超えるファンから熱い声援を受けた。

世界最大のエンタテインメントシティ、グラン・テゾーロが舞台として登場する本作。満島は「映画の舞台にイメージが近い国に来れたっていうのはとても面白かったです。でもアブダビの人たちからすると、このゴールドだらけの映画はすごくリアルな映画なのかもしれませんね(笑)」と話す。

三吉は「ラクダに乗ったりビーチに行ったりレッドカーペットを歩いたり、ほんとにとっても濃い時間を過ごしました」と述懐。最高気温が45度を記録した中でファンの熱気に包まれたことを回想し「プライベートではなかなか来ない場所なので、本当に貴重な体験をさせてもらいました。次は両親と来たいですね。冬に(笑)」とコメントした。

現地でひときわ大きな歓声を浴びたのは岡村。彼女の声がかき消されるほどの“ナミコール”や「大好き」「愛してる」といった日本語の声援が沸き起こり、中にはサンジ風に「ナミすわぁ~ん」と叫ぶ人も。岡村は「言葉の壁とかあるかと思っていたのですが、知っている日本語全部を使って迎えてくれてすごく温かくて嬉しかったです。やっぱりアニメーションの力って大きいんだなと実感しました」と語り、「次はもっと遠い国に行ってみたいですね。もっともっと遠い国でも声援をもらえるように、これからも『ONE PIECE』を世界中に広げていけたらと思います」とさらなる野望を述べた。

「ONE PIECE FILM GOLD」は7月23日より全国ロードショー。



(c)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

最終更新:7月18日(月)5時0分

映画ナタリー