ここから本文です

渡哲也は一生懸命にリハビリ中 故石原裕次郎さん法要で舘ひろし明かす

デイリースポーツ 7月18日(月)6時59分配信

 故石原裕次郎さんの命日である17日、横浜・総持寺で三十回忌法要が営まれ、妻で石原プロモーション会長の石原まき子さん(82)や、舘ひろし(66)ら石原軍団の俳優陣が墓前で手を合わせた。

 16年ぶりの新人発掘オーディションでグランプリに輝いた神田穣(20)ら新人3人はファン約700人にあいさつし、神田は「新人8名…あ、3名、至らぬことばかりですがよろしくお願いします」と天然ボケを発揮。

 神田、丞威(22)、増本尚(16)が公の場にそろうのは4月25日の決勝以来で、まき子さんは「(徳重聡ら)お兄さんの後に弟たちが入りました。よろしくお願いします」と呼びかけた。

 また、舘は急性心筋梗塞のリハビリに励む渡哲也(74)と前日に電話で話したことを明かし「今、一生懸命リハビリやっております。みなさまに『よろしく』と申しつかっております」と報告した。

最終更新:7月18日(月)7時17分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。