ここから本文です

<弱虫ペダル>千葉つながりで千葉ロッテとコラボ 総北メンバーがユニホーム姿で応援

まんたんウェブ 7月18日(月)13時42分配信

 渡辺航さんの自転車マンガが原作のアニメ「弱虫ペダル」とプロ野球・千葉ロッテマリーンズがコラボすることが分かった。主人公・小野田坂道らが通う総北高校が千葉県にあることから、実現したコラボで、8月30日~9月1日に本拠地QVCマリンフィールド(千葉市美浜区)で行われるオリックス・バファローズとの3連戦を「アニメ『弱虫ペダル』×千葉ロッテマリーンズコラボイベント~千葉に熱気が走る3日間~」と題してコラボキャンペーンを実施する。坂道や巻島裕介ら総北メンバーが千葉ロッテのユニホームを着たコラボビジュアルも公開された。

【写真特集】巻島先輩がユニホーム姿や「ビックリマン」風に変身 コラボがすごい

 コラボ試合では、9月1日に原作者の渡辺さんが、試合前にトークショーを行うほか、始球式にも登場。坂道役の声優の山下大輝さんと巻島役の声優の森久保祥太郎さんが来場し、場内アナウンスを担当する。

 コラボイラストが描かれたチケットも発売され、特典として坂道や巻島が、ロッテのチョコレート菓子「ビックリマンチョコ」のシール風にデザインされた「弱ペダマンシール」がプレゼントされる。また、球場オフィシャルショップ「マリーンズストア」でコラボグッズを販売する。

 「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中のマンガで、フィギュアやアニメが大好きな気弱な少年・坂道が、千葉県の総北高校でロードレースの魅力に目覚め、仲間と共にインターハイ優勝を目指す……というストーリー。コミックスの累計発行部数は1500万部以上を誇る。テレビアニメ第1期が2013年10月~14年6月、第2期が14年10月~15年3月に放送され、第3期が17年1月にスタートする。また、スピンオフ「弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)」が9月に劇場公開される。

最終更新:7月18日(月)20時50分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。