ここから本文です

ティザー映像が12万再生!話題の“ママと息子による感動ストーリー”とは

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月18日(月)11時13分配信

先頃、お母さんが小学校に登校する息子を見送るという内容の、一見何の映像だかわからない15秒の動画が公開され、話題を呼んだ。

【詳細】動画はこちら

「初登校の日を迎えた」「ママと息子による、60秒の感動ストーリー」というシンプルなコピー。さらに、BGMとして優しい歌声の女性シンガーの楽曲が流れるこの映像は、7月1日の公開から、2週間で実に12万回再生を記録した。

■「君よ進め」
そして、7月14日から本編映像の公開がスタート。映像は、アピタ・ピアゴ“ママポケットランドセル”のCMで、少しずつ大人になっていく我が子を想う母親と、子供の成長していく姿を描写した感動の映像作品であることがわかった。

同時に、いったいこの女性シンガーは誰なのか? とSNSを中心に大きな話題となった女性の正体が、シンガーソングライターの藤田麻衣子であり、楽曲が彼女の新曲「君よ進め」だということがわかった。

■涙活のカリスマ
藤田麻衣子は2006年9月、シングル「恋に落ちて」でCDデビュー。すべての楽曲の作詞作曲を本人が手がけ、タイアップで起用されることの多い恋愛ソング・応援ソングには定評がある。透き通った歌声、歌詞への共感、ドラマチックなメロディで、ライブ会場では涙する人も多く、「涙活のカリスマ」「涙活の女王」と称されることもある。

フリーライブを大切にしながらファンを増やし、2012年には渋谷公会堂をソールドアウト。2013年7月にはNHKホールでワンマンライブを成功させ、同年10月にはフリーライブの集大成として、前代未聞の日本武道館弾き語り無料ワンマンライブを行い、8,000人を動員。大成功を収めた。ライブに訪れる約7割が女性ファンと、特に同性から高い支持を得ている。

そして2014年3月にシングル「涙が止まらないのは」でメジャーデビュー。新曲発表やツアーを精力的に行い、全国各地のライブはソールドアウトが続出。2016年はCDデビュー10周年を迎え、47都道府県での弾き語りワンマンライブを開催している。

■見送られる側と、見送る側へのエール
藤田麻衣子は今回、CMの台本をもらってすぐに「君よ進め」を一気に書き上げたとのこと。楽曲は、小学校へ初登校する時の母親のうれしさと少し寂しい気持ちを歌いつつ、見送られる側、そして見送る側にもエールを贈る内容となっている。

楽曲「君よ進め」は7月20日にiTunesを始めとする各配信サイトにて配信リリース。この配信リリースをもって、いよいよ楽曲の全貌が明らかとなる。

さらに9月7日には、Blu-ray「藤田麻衣子 LIVE TOUR 2014-2015~one way~」が発売。Blu-rayの発売日と同日の9月7日には、ライブ音源がハイレゾ配信されることも決定している。

日本中を感動で包みこむ新曲「君よ進め」により、ますます藤田麻衣子の歌声に注目が集まりそうだ。

リリース情報
2016.07.20 ON SALE

SINGLE「君よ進め」

2016.09.07 ON SALE

Blu-ray「藤田麻衣子 LIVE TOUR 2014-2015~one way~」

藤田麻衣子 OFFICIAL WEBSITE

http://fujitamaiko.com/

最終更新:7月18日(月)11時13分

M-ON!Press(エムオンプレス)