ここから本文です

第68回エミー賞ノミネーション発表!「ゲーム・オブ・スローンズ」が最多23ノミネート

映画.com 7月18日(月)13時0分配信

 [映画.com ニュース] 米テレビ界のアカデミー賞にあたる祭典、第68回プライムタイム・エミー賞のノミネーションが7月14日(現地時間)に発表された。昨年ドラマシリーズ部門の作品賞に輝いた、HBOのファンタジー大作「ゲーム・オブ・スローンズ」が最多23ノミネートを果たした。

 作品ごとのノミネーション数では、「ゲーム・オブ・スローンズ」以下、FXの実録法廷ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」が22ノミネート、「FARGO ファーゴ」が18ノミネートと続く。ドラマシリーズ部門の作品賞では、シーズン6でフィナーレを迎えた「ダウントン・アビー」や、大ヒット作「ブレイキング・バッド」のスピンオフ「ベター・コール・ソウル」、2016年・第73回ゴールデングローブ賞を制したサイバーパンクドラマ「MR. ROBOT ミスター・ロボット」などが候補に挙がった。

 リミテッドシリーズ/テレビムービー部門の主演男優賞のノミニーは、ひと際豪華な顔ぶれがそろった。ベネディクト・カンバーバッチ(「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」)、イドリス・エルバ(「刑事ジョン・ルーサー」)、トム・ヒドルストン(「The Night Manager」)の英国俳優たちと、「All The Way」のブライアン・クランストン、「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」のキューバ・グッディング・Jr.とコートニー・B・バンスという米国勢が拮抗する形となっている。

 第68回エミー賞授賞式は9月18日(現地時間)に開催。日本ではAXNで9月19日午前7時55分~午後12時30分放送。

 各部門の主要なノミネートは以下の通り。

<ドラマシリーズ部門>
■作品賞
「ベター・コール・ソウル」
「ダウントン・アビー」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「HOMELAND ホームランド」
「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
「MR. ROBOT ミスター・ロボット」
「ジ・アメリカンズ」

■主演男優賞
カイル・チャンドラー「Bloodline ブラッドライン」
ラミ・マレック「MR. ROBOT ミスター・ロボット」
ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」
マシュー・リス「ジ・アメリカンズ」
リーブ・シュレイバー「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」
ケビン・スペイシー「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

■主演女優賞
クレア・デーンズ「HOMELAND ホームランド」
ビオラ・デイビス「殺人を無罪にする方法」
タラジ・P・ヘンソン「Empire 成功の代償」
タチアナ・マズラニー「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」
ロビン・ライト「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
ケリー・ラッセル「ジ・アメリカンズ」

<コメディシリーズ部門>
■作品賞
「Black-ish」
「マスター・オブ・ゼロ」
「モダン・ファミリー」
「シリコン・バレー」
「トランスペアレント」
「アンブレイカブル・キミー・シュミット」
「Veep」

■主演男優賞
アンソニー・アンダーソン「Black-ish」
アジズ・アンサリ「マスター・オブ・ゼロ」
ウィル・フォーテ「The Last Man On Earth」
ウィリアム・H・メイシー「シェイムレス 俺たちに恥はない」
トーマス・ミドルディッチ「シリコン・バレー」
ジェフリー・タンバー「トランスペアレント」

■主演女優賞
エリー・ケンパー「アンブレイカブル・キミー・シュミット」
ジュリア・ルイス=ドレイファス「Veep」
ローリー・メトカーフ「Getting On」
トレイシー・エリス・ロス「Black-ish」
エイミー・シューマー「Inside Amy Schumer」
リリー・トムリン「グレイス&フランキー」

<リミテッドシリーズ/テレビムービー部門>
■リミテッドシリーズ作品賞
「アメリカン・クライム」
「FARGO ファーゴ」
「ROOTS ルーツ」
「The Night Manager」
「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」

■テレビムービー作品賞
「ビル・マーレイ・クリスマス」
「All The Way」
「アニタ 世紀のセクハラ事件」
「刑事ジョン・ルーサー」
「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」

■主演男優賞
ブライアン・クランストン「All The Way」
ベネディクト・カンバーバッチ「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」
イドリス・エルバ「刑事ジョン・ルーサー」
キューバ・グッディング・Jr.「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」
トム・ヒドルストン「The Night Manager」
コートニー・B・バンス「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」

■主演女優賞
キルステン・ダンスト「FARGO ファーゴ」
フェリシティ・ハフマン「アメリカン・クライム」
オードラ・マクドナルド「Lady day at Emerson's Bar & Grill」
サラ・ポールソン「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」
リリー・テイラー「アメリカン・クライム」
ケリー・ワシントン「アニタ 世紀のセクハラ事件」

最終更新:7月18日(月)13時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。