ここから本文です

京急川崎駅“改札前プール”にケープペンギン、現る…7月30日も開催

レスポンス 7月18日(月)16時55分配信

「海の日」でにぎわう京急川崎駅改札前に7月18日、「タッチプール」が設置され、横浜・八景島シーパラダイスのケープペンギンが登場。7月30日には、この“改札前ペンギンタイム”のほか、「おさかな観察ブース」も登場し、駅前に涼しさを運ぶ。

[関連写真]

横浜・八景島シーパラダイスとのコラボで設置されたタッチプールでは、同施設のヒトデやドチザメなど複数のサメ類が泳ぎ、「やさしくさわってね!」という貼り紙のとおり、水のなかに手を入れて触ることもできる。

また、1日4回、改札前に登場するケープペンギンは、体重3~6kgで、白黒のボディに、ピンクのワンポイントが目もとにつくタイプ。「触ることはできません。手を伸ばしたりすると突かれます」とスタッフ。

この日は「ひめたろう」君1羽が改札口からスタッフに抱えられながら登場。タッチプール横のテーブル上に置かれ、左、右と視線を変えながら人間界を見つめているようす。人なつこく、子どもたちのはしゃぎ声に呼応し、ジーッと見つめる姿に「かわいい!」と親子たちが笑っていた。

「このケープペンギン、故郷は南アフリカということで、暑さは意外と耐えられます。若いので、まだ奥さんはいません」

7月30日は、「おさかな観察ブース」(水槽展示)を10~16時に設置、「ペンギンタイム」は、10時30分、12時、13時30分、15時の4回行われる。各回20分。場所は18日と同様、京急川崎駅改札外、中央口エントランス付近。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月18日(月)16時55分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。