ここから本文です

嘉手納、甲子園一番乗り 鮮やか逆転 猛攻夢つかむ 夏の甲子園県大会決勝

琉球新報 7月18日(月)5時3分配信

 第98回全国高校野球選手権沖縄大会は17日、沖縄セルラースタジアム那覇で決勝を行い、嘉手納が美里工を11―3で破り初優勝、甲子園の切符を手にした。嘉手納は全国のトップを切って甲子園代表校となった。

 嘉手納は0―2とリードされた一回裏、知花拓哉の二塁打や仲地玖礼の三塁打など打者11人の猛攻で一挙6点を挙げて逆転。二回表、美里工に1点を追加されたが、四回には大石哲汰がソロ本塁打、七回には大城堅斗が3点本塁打を放ち、突き放した。エース仲地は粘りの投球で完投した。

 全国高校野球選手権大会は8月4日に組み合わせ抽選会があり、7日から15日間、兵庫県の阪神甲子園球場で行われる。


◆鮮やかな逆転劇/一回裏に一挙6点

 初回の鮮やかな逆転劇が嘉手納を勢い付かせた。「打ち勝つチーム」を目指してきた嘉手納打線がついに爆発。打者11人の猛攻で美里工を一気に引き離した。

 「1番バッターが出たことに尽きる」(大蔵宗元監督)。決勝前、大蔵監督から「甘い球をしっかり狙っていけ」と言われていた1番幸地諒承。初回、「打ちやすい」という内角真ん中の球を捉えてまず出塁した。

 導火線に火が付いた。大石哲汰が適時打を放ち1点を返す。決勝まで調子が上がらなかった5番比嘉花道は同点打。2年の比嘉は「5番として打たないといけない重圧があった」と言うが、その責任を果たした。打線は続き、仲地玖礼の左中間への2点適時打、大城堅斗のスクイズで1点を追加した。

 一気に流れを持って来た嘉手納。投げてはエース仲地がフォームを変更してコントロールが安定。打たせて取る投球で凡打の山を築いた。その後も二つの本塁打で流れを渡さず、最後の一球がミットに収まった瞬間「ここまで来たんだと実感が湧いてきて全身の力が抜けた」(大石)。

 今の3年生は1年生の時からどこが勝ってもおかしくないといわれていた。1年生大会の優勝から、頂点が遠ざかっていた嘉手納。最後の夏に頂点に登り詰めた。甲子園の切符を手にし、大石主将は「県の代表として沖縄のレベルは高いということを見せたい」と活躍を誓った。(崎原有希)

琉球新報社

最終更新:7月18日(月)10時59分

琉球新報