ここから本文です

井上尚弥が9月にペッチバンボーンとV3戦 大橋会長「圧倒的なKO」期待

東スポWeb 7月18日(月)13時37分配信

 ボクシングの大橋ジムは18日、都内で会見を開き、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(23=大橋)が、9月4日に神奈川・スカイアリーナ座間で同級3位のペッチバンボーン・ゴーキャットジム(30=タイ)とV3戦を行うことを発表した。

 井上は5月のV2戦で序盤に右拳を痛めて世界戦で初の判定勝ちとなったが「拳も良くなって、初めてタイトル(2013年8月、日本ライトフライ級王座)を取った会場で試合ができてうれしい」と語った上で「まずは勝ちに徹して、流れの中でチャンスがあればKOを狙いたい」と意気込んだ。

 ペッチバンボーンは過去にノンタイトル戦で現WBAスーパーフライ級王者・河野公平(35=ワタナベ)に判定負け、現日本スーパーフライ級王者・石田匠(24=井岡)に2R・KO負けを喫しているが、直近は16連勝中。それでも大橋秀行会長(51)は「圧倒的なKOを期待しています。1、2回で勝負がつくこともあるかも」と圧勝を予告した。

 また、当日はロンドン五輪バンタム級銅メダリスト・清水聡(30)のプロデビュー戦(相手未定)と、東洋太平洋スーパーフライ級王座を返上した井上の弟・拓真(20)がWBOフライ級15位のフローイラン・サルダール(27=フィリピン)を相手に「世界前哨戦」を行うことも、併せて発表された。

最終更新:7月18日(月)13時54分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]