ここから本文です

【ベトナム】HCM市で日本文化イベント、初日から盛況

NNA 7月18日(月)8時30分配信

 ホーチミン市1区で、16~17日に日本文化を紹介するイベント「FEEL JAPAN IN VIETNAM 2016」が開催された。初日となった16日には、開幕直後から大勢の人が詰め掛け、会場内は一時移動が困難なほどのにぎわいを見せた。
 
 同イベントは、ベトナム人向けに日本の文化やライフスタイルを発信する雑誌「Kilala(きらら)」の出版を手掛けるKilalaコミュニケーションとベトナムの旅行代理店ソンハンツーリストが共同で開催。Kilalaコミュニケーションの親会社、シータス&ゼネラルプレス(東京都文京区)の宮﨑美紀社長は16日、開幕式で「今回のイベントは『日本がもっと近くなる、日本がもっと好きになる!』をコンセプトとしている。ベトナムにいながらリアルな日本を体感してもらいたい」と述べた。
 16日午前には、最初のステージパフォーマンスとして栃木県日光市のテーマパーク「江戸ワンダーランド日光江戸村」によるおいらんショーが開催された。ステージ周辺には大勢の来場者が集まり、ショーに見入っていた。このほか、サンリオのキャラクター「ハローキティ」が初めて来越。日光江戸村の忍者ショーや京都の舞妓や芸者による伝統芸能なども披露された。
 
 ■50ブース出展
 
 同じ会場内で開催された「Kilalaショッピングフェア」には、約50のブースが並び、日本ブランドの商品やサービスが展示・販売された。
 高島屋とITアウトソーシング大手のトランスコスモス(東京都渋谷区)の合弁会社で、海外で日本商品の販売を手掛けるタカシマヤ・トランスコスモス・インターナショナル・コマース(タカトランス、本社シンガポール)は、山本海苔店(東京都中央区)とサンリオの共同企画商品である「ハローキティのりチップス」や、ジャテックス(名古屋市南区)が製造・販売するボトル入り日本茶「遥香」などを展示・販売。抹茶の粉末と水が別々になった遥香の飲み方を実演した。
 タカトランスの日本オフィス(東京都中央区)の鈴木英太商品本部長はNNAに対し、「市場調査を目的に出展した」と説明。シンガポールで発売を控える遥香について、「甘いお茶が主流のベトナムで、本格的な抹茶の味が受け入れられるか探りたい」と話した。来場者の反応を見て、ベトナムでの販売の可能性を探っていくという。
 
 市岡製菓(徳島県小松島市)は、同社初の海外拠点となる市岡ベトナムが製造した大福やどら焼きなどを販売。市岡ベトナムの市岡志麻氏は、「商品のPRとベトナム人の好みを探るために出展した」と述べた。同社は、6月にホーチミン市2区で製造を開始。「日本のレシピでは甘すぎる、大きすぎるとの声があり、ベトナムの消費者の嗜好(しこう)に合うよう改良した」(市岡氏)という。7月末にホーチミン市1区に開業する高島屋にベトナム1号店「あとりえ市」を出店する予定。年内には製造拠点の近くにも店舗を開設し、ホーチミン市を皮切りに、将来は全国展開したい考えだ。さらには、東南アジア諸国連合(ASEAN)の他国への進出も視野に入れているという。
 
 ■来場者3万人の見通し
 
 同イベントは、大手旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)やANAグループ、サンリオなどが後援。訪日旅行をPRする「Travelゾーン」も設けられ、日本から10社・自治体が参加した。来場者は、2日間で計3万人に上ると見込まれている。
 会場を訪れたホーチミン市在住の20代の女性は、「日系企業に勤めているが、まだ日本には行ったことがない。今回のイベントで日本の文化に触れ、ますます行ってみたくなった」と語った。

最終更新:7月18日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。