ここから本文です

広島・浅野、涙のラストマッチ 無念不発に「最後まで僕らしい試合だったかな?」

デイリースポーツ 7月18日(月)6時59分配信

 「J1、広島2-2横浜M」(17日、エディオンスタジアム広島)

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルに移籍する広島のFW浅野拓磨(21)が国内ラストゲームに臨み、横浜Mと2-2で引き分けた。横浜Mは首位に立ち、磐田と1-1で引き分けた年間勝ち点首位の川崎が総得点差で2位、浦和は大宮と2-2で引き分け、得失点差で3位。

 悔し涙でも、うれし涙でもなかった。「なんでしょうかね…。家族に花束をもらった時には、胸に込み上げるものがあった」。試合後の壮行セレモニー。両親と妹から花束を受け取ると、目頭がじわりと熱くなった。

 「最後の最後まで僕らしい試合だったかな?」と90分間を振り返った。後半38分、右からのクロスにニアサイドでつぶれ、一時は逆転となるFW佐藤のゴールに絡んだものの、シュートは1本のみで無得点。「サッカーの神様が『もっともっと頑張れ!!』って言ってるような気がする」。いつもそうして成長してきた。

 世界屈指の強豪への移籍。待ち受ける障壁は高いが、佐藤が「拓磨だったら、どこか難しい扉をこじ開けてくれるのではないかと期待ができる」とチームメートの気持ちを代弁するように、21歳の若武者には無限の可能性が秘められている。

 セレモニー後には同僚の手によって胴上げされた。背番号と同じく10回、広島の夜空に舞った。「でっかい壁にぶつかると思うが、その時こそ広島で培った、ひたむきにコツコツとやることが生きる」。感謝の気持ちと挑戦者としての心を胸に、大きな世界へと飛び出す。

最終更新:7月18日(月)7時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]