ここから本文です

高雄メトロ、江ノ電と乗車券交流 特典付きガイドブックを相互に配布/台湾

中央社フォーカス台湾 7月18日(月)18時55分配信

(台北 18日 中央社)高雄メトロ(MRT)は15日、江ノ島電鉄(江ノ電)と共同で、使用済み乗車券を特典付きガイドブックと相互引き換えできるキャンペーンを開始した。両社は6月8日に観光連携協定を締結しており、キャンペーンによって日台交流の促進を目指す。

江ノ電は台湾鉄路管理局(台鉄)とも2013年に連携協定を結んでおり、台鉄平渓線との交流事業として、今年5月からガイドブックの配布を開始していた。

乗客は江ノ電の1日乗車券を高雄メトロの指定された駅の窓口に持参すると、「高雄メトロ沿線パスポート」がもらえる。また、台湾からの乗客は江ノ電の指定駅窓口に行けば、高雄メトロの1日券、2日券、周遊券を「江ノ電沿線パスポート」と引き換えられる。実施期間は来年3月31日まで。

また、高雄メトロ全線全駅では今月31日まで、江ノ電のご当地駅メロディー「好きです江ノ電」を列車の到着に合わせて流す。

(編集:名切千絵)

最終更新:7月18日(月)18時55分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。