ここから本文です

韓流をテーマとした論文や動画などを公募=韓国

聯合ニュース 7月18日(月)15時3分配信

【ソウル聯合ニュース】世界韓流学会と韓国外交部は18日、国内外から韓流に関するエッセー、論文、動画を公募すると発表した。

 同学会は韓流の学問的確立と拡散を目指し、2013年から毎年同様の公募を行っている。今年の公募のテーマは韓流における「韓」の意味、K-POPなどにおける「K」の意味。

エッセーは大学生、論文は大学院生以上が応募することができ、今年初めて募集する動画については学歴の制限がない。

 分量は、エッセーと論文については英文を基準として6000字(韓国語は1万9000字)、動画は6分となっている。

 エッセー部門の最優秀、1位、2位にはそれぞれ賞状と副賞1000ドル(約10万5000円)、700ドル、400ドルが贈られる。

 論文部門の最優秀、1位、2位と動画部門の1位入賞者には9月26日から28日まで英国・オックスフォード大で開かれる韓流国際学術大会で発表する機会が与えられる。

 公募の締め切りは8月31日で、韓流国際学術大会ホームページ(http://koreanwavecongress.org/)から応募できる。 

 世界韓流学会関係者は「在外同胞だけでなく海外の韓流ファンの応募が毎年増加しており、世界のあちこちに広がった韓流の影響力を実感している」とした上で、「今年の公募は韓流の韓国的な意味について研究して論じる機会になる」と話した。

最終更新:7月18日(月)16時27分

聯合ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。