ここから本文です

英6部で悲劇、ディレクターが練習場にて死体で発見

ISM 7月18日(月)10時28分配信

 イングランド・ナショナルリーグサウス(6部相当)を戦うオックスフォード・シティのマネージングディレクターを務めるコリン・テイラー氏が、練習場で死体で発見された。英『BBC』が現地時間17日に報じている。

 テイラー氏は17日の朝に、練習上で発見された。地元警察によると、疑わしい点はなく、コーナー付近にはファイルが準備されていたとのこと。

 クラブは「深い悲しみ」とともに、遺族や友人に追悼の意を表している。テイラー氏とは25年以上の付き合いというチェアマンのブライアン・コックス氏は、知らせに「ショックを受けている」とのこと。

 地元警察は「現時点で疑わしい状況はないとみられる」とした上で、「この非常に難しい時期に、家族はプライバシーを求めている」と明かした。

 オックスフォード・シティでプレーするスコット・デイヴィスは、「本当にショック」「彼とは知り合って間もなかったけど、本当に素晴らしい人だったんだ」と嘆いている。

最終更新:7月18日(月)10時28分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。