ここから本文です

堂々の形演武 タイムス少年少女空手大会

沖縄タイムス 7/18(月) 11:07配信

 第28回タイムス全沖縄少年少女空手道大会(主催・沖縄タイムス社、協賛・守礼堂)が17日、県立武道館アリーナで開かれた。県内外の各流派・会派から106道場、2186人の小中学生が一堂に会し、迫力の演武を披露した。
 大会は小学校低学年から中学生までの出場選手を学年別に四つに分類。1チーム3~4人が一糸乱れぬ力強い演武を披露した。選手には上位から優秀賞、優良賞、努力賞が贈られた。
 小学3~4年の部で、セーパイの形で優秀賞に輝いた首里木村Wチームの主将・伊集陽貴君(港川小4年)は「形のタイミングと掛け声がみんなでうまくできた」と笑顔。チームメートの山内琥徹君(古蔵小4年)は「金メダルがもらえて夢みたい」と声を弾ませた。

最終更新:7/18(月) 11:07

沖縄タイムス