ここから本文です

阪神ドラ4望月あるぞ今季デビュー!金本監督スライダー絶賛「右打者は打てない」

デイリースポーツ 7月18日(月)7時0分配信

 阪神のドラフト4位・望月惇志投手(18)=横浜創学館=と、コーディ・サターホワイト投手(29)=前エンゼルス傘下3Aソルトレーク=が17日、1軍練習に初参加し、ブルペンで金本知憲監督(47)らに投球練習を披露した。46球を投げた望月は、指揮官から鋭く曲がるスライダーを絶賛された。

 持てる力を全て出した。甲子園には6月26日のウエスタン・中日戦で足を踏み入れていたが、1軍練習は初参加。「いい緊張感の中で入れたと思う。力は入ってしまったけど、今の実力は出せたかな」。練習を終えてクラブハウスへと引き揚げる道中、少しだけほおを緩めた。

 ウオーミングアップやキャッチボール、投内連係などを終えるとブルペンへ移動。直球と変化球を織り交ぜて46球を投げた。金本監督ら首脳陣が視線を送る中、1球1球に力を込めた。

 その投球を見た指揮官はうなずいた。「はまったときにいい球を投げている。スライダーがいいよ。今の曲がりだったら、なかなか右打者は打てない。フォークボールは完成度は低いけど、直球ははまればいい。(後半戦での1軍合流は)チャンスがあればね」。

 今季ウエスタンで7試合に登板し、2勝1敗、防御率2・62。現在は先発を任されているが、「1軍でいきなり先発というのは、さすがに…。青柳くらい度胸がいることだから(笑)」と指揮官。今後2軍で中継ぎ起用するかどうかは「そこは相談。掛布2軍監督に一任?そうだね」と話すにとどめた。

 金本監督と共に目を光らせた香田投手コーチも「腕を振れていた。可能性を思わせるピッチャーだった」と高く評価した。練習時からワインドアップだけでなく、セットポジションやクイックなど、実戦に即した形で取り組むよう助言したという。

 望月は19日のウエスタン・ソフトバンク戦(筑後)で先発予定。当面は2軍調整が続く見込みだが、いいアピールになったのは間違いない。「1軍の甲子園で抑えるのが目標です」。順調な成長曲線を描く18歳は、この日の経験を糧にさらなるステップアップを目指す。

最終更新:7月18日(月)7時47分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]