ここから本文です

移籍が噂されるマレズ、ラニエリ監督は残留に自信

ISM 7月18日(月)11時43分配信

 レスター(イングランド)のクラウディオ・ラニエリ監督は、去就が騒がれているMFリヤド・マレズの残留に自信を持っているようだ。英『デイリー・スター』紙(電子版)が現地時間17日に伝えた。

 マレズは昨季のレスターのプレミアリーグ優勝を、中心選手の1人として牽引。PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)の年間最優秀選手に輝いた。

 同選手へは複数のクラブから関心が寄せられている模様。16日にレスターからMFヌゴロ・カンテを引き抜いたチェルシーのほか、アーセナルやマンチェスターCといったイングランドの強豪が獲得に興味を示しているようだ。

 マレズの評価額は4000万ポンド(約55億9000万円)と評価されている。クラブは契約を3年残している同選手に、週給8万ポンド(約1100万円)の新契約を提示し、残留を目指している。

 同選手はこの新契約に合意していないものの、『デイリー・スター』はクラウディオ・ラニエリ監督が友人に、新シーズンもマレズがチームに残ると信じていると伝えたと、報じている。

最終更新:7月18日(月)11時50分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]