ここから本文です

<福山雅治>5大会連続夏季五輪放送参加 ロンドンに続きテーマソングも

まんたんウェブ 7月19日(火)5時0分配信

 歌手で俳優の福山雅治さんが、8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪で、テレビ朝日のスペシャルキャスターを務めることが19日、分かった。福山さんが同局の夏季オリンピック放送に参加するのは、2000年のシドニー五輪から5大会連続。福山さんはカメラを片手に現地のリオから最新情報を届けるほか、前回の12年ロンドン五輪に続いて、テーマソングも担当し、テーマソングのタイトルが「1461日」であることも明らかになった。

【写真特集】福山雅治、家では「歌わない」

 福山さんは5日午後8時から放送される同局の番組「開幕直前スペシャル」にも、メインキャスターを務める元プロテニスプレーヤーで解説者の松岡修造さんらと出演。また同番組内では松岡さんがこれまで積み重ねてきた膨大な取材をもとに、リオ五輪で活躍が期待される日本人選手に加えて、海外の金メダル候補の熱いエピソードも紹介する。

 福山さんは毎回アスリートたちの戦いから「『自分を変えることができるのは自分』というメッセージを受け取ってる気がしている」といい、「結果というのは誰のせいでもない。そのステージに立つ時は孤独なんだという決意。そこで描かれるのは『エンターテインメントを超えたエンターテインメント』、それが僕の五輪の印象です」とコメントを寄せている。

 さらに「世界中から選ばれたトップアスリートたちが競い合う究極の表現の場であり、そのアスリートが放つ根源的な人間のエネルギー、そこに熱狂する観客、さらにはそれに引き寄せられる経済。そのすべての『熱』が、僕にとって五輪だと思ってます」と五輪への思いは止まらず、「その『熱』を『感動』をブラジル・リオデジャネイロからお届けしたい。 そして一緒に楽しみたいと思っています」と意気込んでいる。

最終更新:7月19日(火)5時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。