ここから本文です

現職検事長の逮捕で謝罪 収賄容疑=韓国法相

聯合ニュース 7月18日(月)17時14分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部の金賢雄(キム・ヒョンウン)長官は18日、収賄容疑で陳ギョン準(チン・ギョンジュン)検事長(49)が逮捕されたことを受け、国会法制司法委員会に出席して謝罪した。

 韓国で現職の検事長が逮捕されるのは初めて。検察当局は今月初旬、特任検事(特別検察官)を指名して陳氏について調査を行い、14日に特定犯罪加重処罰法上の賄賂の容疑で緊急逮捕した。ソウル中央地裁は17日、陳氏の逮捕状を発付した。

 陳氏は2005年にオンラインゲーム大手ネクソンの創業者、金正宙(キム・ジョンジュ)氏から受け取った4億2500万ウォン(約4000万円)でネクソンの非上場株式1万株を取得、06年に10億ウォンで売却した。同年にネクソンの日本法人、ネクソンジャパンの株式8537株を取得し、上場後に売却して多額の差益を得たとされる。ネクソン側から高級乗用車を受け取った疑いも持たれている。

 金長官は「国民に大きな衝撃を与え、心配させたことについて心から謝罪する」と頭を下げた。「全ての批判と叱咤(しった)を謙虚に受け止め、検察に対する国民の信頼を早期に取り戻せるよう努力する」とした上で、「検事の人事検証や監察システム全般を綿密に点検し、二度とこうした事態が発生しないようにする」と強調した。

最終更新:7月18日(月)18時36分

聯合ニュース