ここから本文です

【リオ五輪】柔道100キロ超級・原沢 力強く「金メダル」宣言

東スポWeb 7月18日(月)20時23分配信

 リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ超級代表の原沢久喜(24=日本中央競馬会)が18日、カナダの100キロ級代表のレイズ・カヨル(22=同)と母校・日大の壮行会に出席した。

 都内の高級ホテル宴会場で開催された壮行会は、家族や恩師を含め300人の関係者が集まる豪華なものとなった。

 壇上で全日本男子の井上康生監督(38)から「日本柔道の顔は重量級にある。その再建を成し遂げられるのはこの男しかいないと思っている」と熱いエールを送られた原沢は「日本柔道の再建を託されたことで、必ず金メダルを取って帰ってきたい。また祝勝会も開いていただければ」と宣言し、喝采を浴びた。

最終更新:7月18日(月)20時34分

東スポWeb