ここから本文です

資産1億円あっても老後に不安? 老後資金は◯◯で用意すると安心

ZUU online 7/18(月) 17:10配信

こんな話を聞いたことがあります。
それは、資産1億円を有している75歳のおばあさんが、老後資金のことで悩んでいるというものでした。相続の問題かな? と思ったのですが、違いました。何と、自分の老後資金が足りるか心配だというのです。びっくりです。資産が1億円もあるのに?

■預金残高が毎月減っていくという「不安」

そのおばあさんは、特に贅沢な暮らしをしているわけではありません。でも、毎年資産を取り崩していることが、不安だというのです。

計算をしてみましょう。
現在75歳で、105歳まで生きるとしたら、30年間あります。1億円を30年で割ると1年間で300万円(1億÷30年=年間333万円)取り崩しても大丈夫な計算です。それに年金100万円が上乗せされるので、年間400万円で暮らせることになります。通常で考えるとかなり余裕のある生活ができるはずです。

しかし、預金の残高がどんどん減っていくのは、不安なのでしょうか。計算上は、ほぼお金に困ることはないと分かっていても、自分が何歳まで生きるのかは誰にも分かりません。ですから生きているうちに何かあると困ると考えるのでしょう。何かあった時に、お金に困らないだろうか? と不安がつきまとうわけです。

■老後資金の準備の仕方が間違っていた?

それではいったい老後資金は、いくらあれば大丈夫なのでしょうか。この手の話は、書籍やマネー雑誌などでも良く見かけますよね。実際筆者自身も何度も書いてきました。

その多くは、統計に見られる平均的な生活をモデルに、平均寿命を元に算出しています。根拠に基づいた数字ではありますが、それでもあくまで「平均的な机上の数字」であることも確かです。筆者も老後資金の一定の目安として書いてきました。あくまで目安ですが、最低3000万円は必要でしょう。しかし、その目安の数字よりはるかに資産を持っていても、不安を感じている人がいます。逆に資産が少なくても不安を感じていない人もいるのです。

なぜ、そのような違いがでるのでしょうか?

■老後資金は、ストックではなくフローで用意する

答えはフローがあるかどうかの違いです。老後になっても、フロー(毎月一定額のお金)が入ってくるというのは、安心できます。ストック(資産)の減りが少なくてすむからです。

ストックがあってもフローが少ないと、ストックの減りが多く感じられて、不安になります。ですから老後資金で重要なのは、毎月一定程度のお金が入ってくるということです。資産の減りが少なくなることで「不安が軽減する」と考えて良いでしょう。

たとえ資産1000万円の人でも、毎年300万円ずつ入ってくるのであれば安心感が増します。実際は、資産1億円を持っている人の方がずっと安心なはずなのですが、人間の心理とは不思議なものです。

では、資産1億円持っていても心配な人はどうすれば良いのでしょうか? 一つの考え方として、ストックをフローに変える方法があります。たとえば、毎月配分型の投資信託を購入するのも良いでしょう。安心できる運用に切り替えることでお金の心配が軽減します。

■長生きに対応した老後資金を用意する

もう一つ、問題になるのが「年金の受け取り方」です。

国民基礎年金、厚生年金は終身で受け取けることが決まっています。しかし、個人年金保険は、一時金、確定年金、終身年金など受け取り方法を選ぶことができます。

確定拠出年金も給付の受け取りを(1) 一時金、(2) 確定年金、(3) 一時金と年金の併用、(4) 終身年金(一部の商品)から選ぶことができます。国民年金基金も、申込時に受け取り方法を選べます。

どれを選ぶか、実に悩ましく、複雑な問題です。というのは、税金のことがあるからです。どれが有利なのかは、その人の収入等で変わるので一概には言えません。

もうひとつ、「いつまで生きることができるのか」でも変化します。何歳まで生きるかは、死ぬまでわかりませんが……。

長生きをするのなら、終身で受け取れるタイプがお得です。早く死んでしまうのなら、一時払いまたは確定がお得です。税金のことを別にすれば、どちらが得かというのは、まさに賭けですね。

■2060年には、平均寿命が4歳延びている

ちなみに、私は長生きする方に賭けています。つまり、早死にをすると賭けに負けます。長生きをすると賭けに勝ちます。

そういった視点で、老後資金を考えて見てはいかがでしょうか。毎年、平均寿命は長くなっています。2060年には、平均寿命が「男性84.19歳」「女性90.93歳」になる見通しです。ですから、これからの時代は、長生きのリスクに対応できるように考えておいた方がいいでしょう。

もちろん、ストックとして貯めるのも重要ですが、毎月入ってくるフローを準備しておくのも、長寿社会に対応した賢い方法ではないでしょうか。

長尾義弘(ながお・よしひろ)
NEO企画代表。ファイナンシャル・プランナー、AFP。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『こんな保険には入るな!』(廣済堂出版)『怖い保険と年金の話』(青春出版社)『商品名で明かす今いちばん得する保険選び』『お金に困らなくなる黄金の法則』(河出書房新社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)、『保険はこの5つから選びなさい』(河出書房新社発行)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』など多数。

最終更新:7/18(月) 17:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。