ここから本文です

ダニエル・ラドクリフの脅し文句が炸裂「グランド・イリュージョン」予告編

映画ナタリー 7月18日(月)13時15分配信

ジェシー・アイゼンバーグ主演「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」の予告編がYouTubeにて解禁。あわせて新たなポスタービジュアルが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、2013年に上映された「グランド・イリュージョン」の続編。マジックを駆使して不正に搾取された大金を奪い、世間の人々へ還元するイリュージョニスト集団“フォー・ホースメン”が、天才科学者ウォルターの策略にはまり窮地に立たされる。ホースメンのリーダー・アトラスをアイゼンバーグが演じ、そのほかのメンバーとしてウディ・ハレルソン、デイヴ・フランコ、リジー・キャプランが出演。ダニエル・ラドクリフがウォルター役で登場する。

公開された予告編には、ハイテク企業の不正を暴露すべくイリュージョンショーを実行するホースメンの姿が。直後、ショーは何者かによって妨害され、ホースメンも拉致されてしまう。4人の前に現れたウォルターは、全世界のネットワークへ侵入できるカギを盗み出すよう強要し、「やらないなら殺す」と一言。ホースメンは不本意ながら盗みに加担することになる。

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」は9月1日より全国でロードショー。



TM & (c)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

最終更新:7月18日(月)13時15分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。