ここから本文です

「うんち」と「うんこ」の定義に違い? 「確証のない情報」だったと新潟県立自然科学館が謝罪

ねとらぼ 7月18日(月)12時45分配信

 新潟県立自然科学館(新潟県新潟市)は7月18日、「うんち」「うんこ」の呼び方の定義に違いがあるという解説板を掲示していたことについて、確証のない情報をもとに制作していたとして謝罪した。

【新潟県立自然科学館の謝罪文】

 同解説は、16日に巡回展「トイレ?行っトイレ!ボクらのうんちと地球のみらい」が始まったのに合わせ、同館が独自に制作してトイレ内に設置したもの。うんちについての豆知識をいくつも紹介する中、「『うんち』は肉や魚などのタンパク質が消化吸収を経て排泄されたもので、『うんこ』は野菜や穀物のみが消化吸収を経て排泄されたものと日本医師会によって決められているんだ。人間は雑食だから、『うんち』を排泄しているんだよ。」と説明した。

 17日にこちらの解説板の写真がTwitterに投稿されたところ、1日にして6万回以上リツイートされるなど大きく話題に。「ええーーー!!」「そうだったのか」「固さの違いだと思ってた」と驚きをもって拡散される一方、「この業界、ふつうは『便』としか言いませんけどね」など疑問視する声もあった。

 同館によると、解説板はネットにあった情報を日本医師会に事実確認すること無くのせたとのこと。情報には「日本医師学会が定義分けを進めているそうです」とあったため、日本医師会と履き違えて掲載した。「ご来館された皆様、並びに関係各位にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と同館は謝罪している。

最終更新:7月19日(火)11時20分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]