ここから本文です

阪神・金本監督 精彩欠く鳥谷を嘆く「何なんかね」

東スポWeb 7月18日(月)22時28分配信

 阪神は後半戦初戦となった巨人戦(甲子園)に1―2と逆転負けし、再び最下位に転落した。

 今季、本拠地での「伝統の一戦」は5戦で4敗1分けと白星なし。打線は不振のゴメスを来日初の6番に下げるなどテコ入れを図ったが、原口の適時打による1点に終わった。

 9回表無死一塁から鳥谷の二塁への送球が野選となり、結果的にその後の阿部の決勝適時打につながった。金本監督は「鳥谷? 何なんかね…。何試合か前に(野選について)危ないぞ、と本人に注意してたんだけどね。打つ方も見逃し(三振)2つでは上がり目が…。かなり期待してるんだけど。まあ、見ての通り」と、後半戦に入っても精彩を欠くベテランを嘆いた。

最終更新:7月18日(月)22時56分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報