ここから本文です

7カ国の報道機関記者ら 聯合ニュース訪問

聯合ニュース 7月18日(月)18時38分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化体育観光部海外文化広報院の招きで来韓中の7カ国の報道機関の関係者が18日、聯合ニュースを訪問した。

 ロシアのインテルファクス通信、スペインのEFE通信、イタリアのANSA通信、国営イラン通信(IRNA)、国営ベトナム通信(VNA)のニュースチャンネル「VNEWS」、モンゴル国営モンツァメ通信、ベネズエラの日刊紙、エル・ウニベルサルの役員や記者ら8人が訪れ、編集局の主要部署や報道専門放送局「聯合ニュースTV」を見学した。特に、聯合ニュースのオープンAPIニュース交流プラットフォームに高い関心を示した。

 聯合ニュースの朴魯晃(パク・ノファン)社長は同プラットフォームについて、「2018年平昌冬季五輪を機に構築され、韓国内の顧客社だけでなく、海外の通信社とも自由にニュースコンテンツの交流ができる」と説明した。

 一行は23日までの滞在期間中、韓国訪問委員会を訪れ、「2016~2018韓国訪問の年」に関する取材を行うほか、大韓民国歴史博物館、非武装地帯(DMZ)、東大門デザインプラザ、景福宮(夜間観覧)なども訪問する予定だ。

最終更新:7月18日(月)18時38分

聯合ニュース