ここから本文です

福島3-3武蔵 ホープス粘って同点 延長10回引き分け

福島民報 7月18日(月)16時41分配信

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスは17日、埼玉県鴻巣市の鴻巣フラワースタジアムで武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦し、延長10回の末、3-3で引き分けた。後期通算成績は5勝1分け4敗となり、順位は2位のまま。
 ホープスは3点を追い掛ける七回、2死一、二塁から貴規の適時打で1点を返した。その後も好機を広げて2死満塁とし、岡下大将の左前2点適時打で同点に追い付いた。試合は延長までもつれたが両チームともに勝ち越せず星を分けた。
 次戦は18日午後6時から、埼玉県の越谷市民球場で武蔵と対戦する。

福島民報社

最終更新:7月18日(月)16時43分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。