ここから本文です

イーサン・ホークがチェット・ベイカー演じる伝記映画「ブルーに生まれついて」

映画ナタリー 7月18日(月)15時28分配信

イーサン・ホーク主演作「Born to be Blue」が、「ブルーに生まれついて」の邦題で公開される。

本作は、ジャズトランペッターでありボーカリストでもあったチェット・ベイカーの半生を描く伝記ドラマ。多くのジャズファンを魅了しながら麻薬に溺れ、どん底の日々を送っていたベイカーが、1人の女性との出会いをきっかけに再生していく姿を映し出す。ホークはベイカーを演じるため6カ月に及ぶトランペットのトレーニングを受け、劇中では歌声も披露している。メガホンを取ったのは2009年に短編「The Deaths of Chet Baker(原題)」を監督したロバート・バドロー。

「ブルーに生まれついて」は11月26日より東京・Bunkamuraル・シネマほか全国でロードショー。



(c)2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:7月18日(月)15時28分

映画ナタリー