ここから本文です

男子1500田母神(中大)V 女子やり投げ 荒(福大)が大会新

福島民報 7月18日(月)16時41分配信

 第69回県総体陸上競技大会兼第71回県陸上競技選手権大会最終日は17日、福島県郡山市の開成山陸上競技場で男女計14種目の決勝を行った。男子1500メートルは3分56秒81で田母神一喜(中央大)が優勝した。女子やり投げは福島大の荒裕子(3年)が50メートル09で5年ぶりに大会新を樹立し4連覇を果たした。
 男子走り幅跳びは会津陸協の岡村健太が追い風参考ながら平成7年の県総体記録と並ぶ7メートル40で連覇を達成した。
 県体協、県、県教委、県高体連、福島陸協などの主催、県南陸協の主管。個人種目の上位3位までとリレー種目の優勝チームは8月20、21の両日、青森市で開かれる東北総体の出場権を得た。

福島民報社

最終更新:7月18日(月)16時44分

福島民報