ここから本文です

早実・清宮、第1打席は初球死球 8強かけ国士舘戦は初回に1点を先制

デイリースポーツ 7月18日(月)10時11分配信

 「高校野球西東京大会・5回戦、早実-国士舘」(18日、ダイワハウススタジアム八王子)

 注目のスラッガー・早実の清宮幸太郎内野手(2年)は、今大会の過去3試合と同じく「3番・一塁」で先発出場した。初回の第1打席は、初球で死球を受けた。

 2死走者なしで打席に入ると、捕手は内角に構えた。しかし、投球はさらに内にそれて、清宮の腰付近に当たった。

 その後、野村が敵失で出塁。2死一、二塁となり5番の工藤が中前打を放つと、二塁から清宮が生還し早実が1点を先制した。

 清宮の今大会の打撃成績は以下の通り。

 ▽2回戦・啓明学園戦 四球、本塁打、四球

 ▽3回戦・秋留台戦 適時二塁打、本塁打、右飛、適時三塁打、四球

 ▽4回戦・明治戦 四球、死球、中飛、適時二塁打、一ゴロ

最終更新:7月18日(月)11時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報