ここから本文です

トランプ氏が「ポケモンGO」のパロディ動画 モンスターボールでヒラリー氏をゲットする

ねとらぼ 7月18日(月)17時48分配信

 米国でも大ヒット中のゲーム「ポケモンGO」。11月の米大統領選に出馬するドナルド・トランプ氏は7月15日(日本時間)、最大のライバル候補となるヒラリー・クリントン氏をモンスターボールで捕まえるという「ポケモンGO」のパロディ動画を自身の公式Facebookページに投稿しました。

【ヒラリー氏の図鑑データ】

 動画には「CROOKED HILLARY NO!(いんちきヒラリーはダメ!)」の文字が「POKEMON GO」のロゴそっくりに描かれています。スマホ内では草原にヒラリー氏が立っていて、モンスターボールを投げるとあっさりゲット。そしてポケモン図鑑のようにヒラリー氏のデータが表示されるのですが、タイプは「career politician」(政治以外に専門経験を持ったことがない政治家を侮蔑するときの言葉)、説明には「米国民にウソをついたり、システムを不正操作したり、極秘事項を電子メールで共有したりするところが発見されます」と、トランプ氏らしく皮肉たっぷりの内容です。

 投稿は「いいね!」が約23万件(「ひどいね」は約1100件)、コメントが約5.2万件付けられるなど大きく注目を集めているもよう。ちなみに13日にはイスラエルのルーベン・リブリン大統領が官邸内でニャースを発見したというプレイ画面を投稿して話題になっていました。各国の政界の要人が流行に乗っかる姿に、ポケモンGOの社会への影響力の大きさがあらためてうかがえます。

最終更新:7月18日(月)17時48分

ねとらぼ