ここから本文です

早実・清宮、第4打席は敬遠四球 第2打席に高校通算53号2ラン

デイリースポーツ 7月18日(月)11時50分配信

 「高校野球西東京大会・5回戦、早実-国士舘」(18日、ダイワハウススタジアム八王子)

【写真】清宮、甘い球逃さず

 注目のスラッガー・早実の清宮幸太郎内野手(2年)は、今大会の過去3試合と同じく「3番・一塁」で先発出場した。第4打席は敬遠の四球だった。第2打席では高校通算53号となる2ランを放っている。

 七回、橘内に適時打が出て4-0、1死一、二塁で打席に入ったが、捕手ははっきりと外に構えて四球となった。

 初回の第1打席は初球で腰付近に死球を受けた。プレーに支障はなく、工藤の適時打で二塁から生還。先制のホームを踏んだ。

 三回の第2打席は1死二塁から、3球目を右翼席に運ぶ2ランとなった。初球は高めに、2球目は外に捕手が構えて大きく外していたが、甘い球を逃さなかった。

 五回の第3打席も2球目まではっきりとしたボール。3球目にスイングしたが伸びがなく中飛に終わった。

 清宮の今大会の打撃成績は以下の通り。

 ▽2回戦・啓明学園戦 四球、本塁打、四球

 ▽3回戦・秋留台戦 適時二塁打、本塁打、右飛、適時三塁打、四球

 ▽4回戦・明治戦 四球、死球、中飛、適時二塁打、一ゴロ

最終更新:7月18日(月)13時27分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。