ここから本文です

ソフトバンク、「スマホ最大の成功者」英ARMを約3.3兆円で買収 IoTで成長見込む

ITmedia Mobile 7月18日(月)21時15分配信

 ソフトバンクグループは7月18日(GMT)、半導体設計大手の英ARMを約3.3兆円(約240億ポンド、約310億米ドル)で買収すると発表した。3カ月以内の完全会社化を見込んでおり、ARMは上場廃止となる。

【図解】スマホに使われているARM製品

 ARMは低消費電力プロセッサ「ARMアーキテクチャ」の開発元で、自らはチップを製造せず、ラインセンスを他社に販売している。ARMアーキテクチャはAndroidスマートフォンで多く使われているQualcommの「SnapDragon」や、AppleのiPhoneが搭載する「Ax」などのベースとなっており、スマートフォンや携帯電話の市場ではほぼ独占状態。2015年には約150億個のARMベースチップが出荷されたという。

 ソフトバンクグループの孫正義社長は、「PCはIntel製CPUがほとんどだが、それ以外はほとんどがARM。スマートフォンでは約95%がARMベースで、スマホ市場で最大の成功者」と述べ、ARM買収は「IoT(モノのインターネット)がもたらす非常に重要なチャンスをつかむことにあり、当社グループの戦略において重要な役割を果たす」と説明した。スマホの出荷台数は減っているが、搭載されるチップの数は増えていくこと、またコネクテッドカーやコネクテッドハウスなど、モバイル以外のIoT分野でも大きく成長できることから買収に踏み切ったという。

 ソフトバンクの買収後も、ARMは引き続き独立した企業として英国・ケンブリッジを拠点とする。また今後は5年かけてARMの従業員数を倍に増やす計画で、「戦略を加速し、上場企業として考えられる以上の潜在力を引き出す」(孫社長)と研究開発への積極的な投資も約束した。

最終更新:7月18日(月)21時15分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]