ここから本文です

セルライトスパ「ABCお笑いグランプリ」優勝、家族の支えに涙

お笑いナタリー 7月18日(月)20時46分配信

本日7月18日に放送されたお笑いコンテスト「ABC創立65周年記念 第37回ABCお笑いグランプリ」(ABC)で、セルライトスパが優勝した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この番組では「ABCお笑いグランプリ」決勝に進出した芸人12組が、ファーストステージでA、B、Cの3ブロックにわかれて4分のネタを披露。アンガールズ田中、アンタッチャブル柴田ら芸人10名による審査の結果、Aブロックをアイロンヘッド、Bブロックを大自然、Cブロックをセルライトスパが制した。セルライトスパはファイナルステージで、犯人を説得する刑事に通りがかりの少年が無言で絡むコントを繰り広げて947点(1000点満点)を獲得し、見事第37代チャンピオンに。優勝賞金100万円が授与された。

優勝が決まった瞬間、2人は思わず涙。大会終了後の会見で肥後は「今年4月に結婚式を挙げまして、嫁さんの家族全員に金銭面で援助していただいてるんです。真っ先に家族の顔が浮かんできました。客席でも嫁が涙してて、それも見えて涙がこみあげました」と涙の理由を語る。さらに「1年間、この名に恥じぬよう頑張っていきます。このまま『M-1グランプリ』 も『キングオブコント』も優勝したいと思います」と決意を述べた。

大須賀は「賞レースの決勝に行くことすら初めてだったので、一気に一番になれて本当にうれしく思ってます」と喜びを露わにしたほか、「泣かないでおこうって決めたんですけど、泣いてしまいました」と照れ笑いを浮かべる。今後追求する笑いを尋ねられると、「若手はネタが大事だと思うので、まだまだネタを作って、全国の賞レースで勝ちたい」(肥後)、「基本はコントで、万人に笑ってもらえるネタを作りたい」(大須賀)と意欲を見せた。

「ABC創立65周年記念 第37回ABCお笑いグランプリ」出場芸人
ファーストステージ
Aブロック:アイロンヘッド / インディアンス / 馬鹿よ貴方は / 相席スタートBブロック:さらば青春の光 / ニューヨーク / 尼神インター / 大自然Cブロック:ジグザグジギー / ゆーびーむ☆ / セルライトスパ / ダイタク

ファイナルステージ
アイロンヘッド / セルライトスパ / 大自然

最終更新:7月18日(月)20時46分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。