ここから本文です

MONO、アルビニと再タッグで新機軸打ち出すニューアルバム

音楽ナタリー 7月18日(月)23時0分配信

MONOがニューアルバム「Requiem For Hell」を10月14日にリリースする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Requiem For Hell」はMONOの9thアルバム。サウンドプロデューサーとレコーディングエンジニアには過去にもMONO作品を手がけたスティーヴ・アルビニが起用され、録音はアメリカ・シカゴのアルビニのスタジオ、エレクトリカル・オーディオで行われた。このアルバムでバンドはストリングスを大きくフィーチャーしており、Takaakira 'Taka' Goto(G)はその内容をダンテ「神曲」に描かれるテーマと同じものだとしている。

現在バンドのYouTube公式チャンネルではそのトレイラー映像を公開中。

Takaakira 'Taka' Goto コメント
このアルバムは2015年に絶え間なく降り注いできたインスピレーションを曲にしたものだ。1曲、また1曲と書き終え、タイトルをつけたあとに、偶然にダンテの“神曲”を読み、自分たちがダンテと同じものにコネクトしていたんだと気づいた。生きながらにして、地獄を抜け、煉獄、そして天国へ行き、現代に戻ってくるという神曲のストーリーはまさに今回のテーマと全く同じものだった。メインカヴァーはグスタフ・ドレが描いた神曲の最後のシーンを使用した。そしてもうひとつ偶然にも、長き僕達の友、Jeremyに(アメリカのレーベルTemporary Residenceのオーナー)初めての子どもが誕生した。名前はElyと言い、JeremyはまだElyが母親の体内にいる時からその写真や彼女の心音を僕達に送ってくれていた。Elyが産まれ、やがて大きくなった時に聴いてもらいたいと思い、彼女の心音をイントロに使用した「Ely’s Heartbeat」という曲をJeremyに贈った。死と生、肉体と魂、希望と挫折、光と闇、引き継がれる人間の尊厳と誇り、新しい生命、そういったすべてを感じていただければとても嬉しい。

MONO「Requiem For Hell」収録曲
01. Death In Rebirth02. Stellar03. Requiem For Hell04. Ely's Heartbeat05. The Last Scene

最終更新:7月18日(月)23時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。