ここから本文です

オマー・ロドリゲス・ロペス、マーズ・ヴォルタ&J・フルシアンテとの録音物をリリース

BARKS 7月21日(木)8時7分配信

オマー・ロドリゲス・ロペスが2016年、12枚(!)のアルバムをリリースする。中でも注目を浴びているのが、4作目の『Arañas en La Sombra』で、マーズ・ヴォルタの元メンバー、ジョン・セオドア(Dr)、故アイザイア・アイキー・オーウェンズ(Key)、エヴァ・ガードナー(B)、ジョン・フルシアンテ(G)とのセッションを収録しているそうだ。

オマーは7月中旬から2週間ごと、12枚に分けて、2008年から2013年にかけてレコーディングしたものを発表していく。『Arañas en La Sombra』に収録する11曲は、その中で最も古い録音物だという。

先週金曜日(7月15日)にリリースした1枚目『Sworn Virgins』は、オマーと同じくマーズ・ヴォルタのディーントニ・パークス(Dr)が2012~2013年に録音。 2枚目の『Corazones』は2012年にオマーがソロでレコーディングした曲を集めた(7月29日発売)。

12枚のアルバム・タイトルは『Sworn Virgins』『Corazones』『Blind Worms Pious Swine』『Arañas en La Sombra』『Umbrella Mistress』『El Bien Y Mal Nos Une』『Cell Phone Bikini』『Infinity Drips』『Weekly Mansions』『Zapopan』『Nom De Guerre Cabal』『Some Need It Lonely』。フェイス・ノー・モアのマイク・パットン(Vo)が設立したイピキャック・レコーディングスからリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:7月21日(木)8時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。