ここから本文です

オリックスが後半戦白星スタート T岡田が満塁弾

デイリースポーツ 7月18日(月)17時28分配信

 「ソフトバンク0-6オリックス」(18日、ヤフオクドーム)

 オリックスが完封リレーで、後半戦の初戦を白星で飾った。三回、2死満塁からT-岡田の右越え15号満塁本塁打で先制した。

 五回は1死二、三塁からT-岡田の右前適時打で加点。九回には糸井の右翼線適時二塁打でリードを広げた。

 先発の金子は5回4安打無失点で降板したが、4勝目(6敗)。塚原、海田、吉田一とつなぎ、最後は平野が締めた。

 5打点のT-岡田は「初球から積極的に振っていこうと思っていた。久しぶりにチャンスで打てたし、最高の打撃ができてよかった」と振り返った。「まだ借金はあるが1つ1つ勝っていこうと試合前にみんなで話した。全力で戦いたい」と誓った。

 ソフトバンクの連勝は4でストップ。東浜が五回途中5失点で3敗目(6勝)と、不調が響いた。

最終更新:7月18日(月)17時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報