ここから本文です

セルライトスパが優勝 逆玉婚の肥後は月収8万「優勝できて助かった」

デイリースポーツ 7月18日(月)18時16分配信

 芸歴10年以内の若手芸人らのお笑いレース「第37回ABCお笑いグランプリ」の決勝戦が18日、大阪市内で行われ、結成9年目のセルライトスパが優勝し、賞金100万円を獲得した。

 優勝に涙したツッコミの肥後裕之(31)は、4月に結婚した妻(29)が兵庫県西宮市の社長令嬢で、自身は月収8万円ながらも、妻の実家に近い夙川に居住していることを告白。会社員として働く妻の収入とも引き離されているといい「嫁は僕のことを『かわいい』と言ってくれて、嫁の姉妹も僕のことが大好きなんですが、(なかなかブレークできず)そろそろブチ切れられそうな時期に来てて、本当に優勝できて助かりました」と喜びを語った。

 賞金取り分の50万円は、以前に借金の肩代わりをしてくれた妻の母に全額渡すという。

 相方の大須賀健剛(32)は「お前、金の話ばっかりやな」と突っ込み。「きれいな嫁さんがいて、お金も援助してもらって、ネタは僕が書いているのに、(この日の)1本目のネタでタイトルコールのタイミング失敗した時には、殴ってやろうかと思いました」と笑わせていた。

 同レースはダウンタウン、ナインティナインらを輩出した若手の登竜門で816組がエントリー。この日、12組による決勝戦が行われ、最終決戦は大自然、アイロンヘッド、セルライトスパによって争われた。

最終更新:7月18日(月)18時27分

デイリースポーツ