ここから本文です

阪神 G3連戦は江越の足攻、原口の二塁打で先制点

デイリースポーツ 7月18日(月)19時10分配信

 「阪神-巨人」(18日、甲子園球場)

 阪神の原口文仁捕手(24)が先制適時二塁打を放った。「捉えたのは芯ではあったのですが、ややこすり気味だったので、なんとかフェンスまで届いてくれ、と思っていました。結果的に点に結びついてよかったです」と振り返った。

 同点の四回1死から江越が、相手の意表をつく、セーフティバントで出塁すると、すかさず盗塁。その後、2死二塁となり、原口に打席が回ってきた。

 巨人先発、マイコラスの投じた3球目を捉えると、高々と上がった打球は風に流されながら左方向へ。左翼手も目測を誤り、打球は左翼フェンスに直撃。その間に二走の江越が、ホームに生還して、先制点を奪った。

最終更新:7月18日(月)19時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)