ここから本文です

【ボート】石野貴之がオーシャンカップ連覇で、SG3勝目

デイリースポーツ 7月18日(月)19時12分配信

「第21回オーシャンカップ・SG」(18日、鳴門ボート)

 優勝戦が行われ、3号艇の石野貴之(34)=大阪・90期・A1=が3コースから差しを決めて1着。昨年の三国に続く、2年連続、3回目のオーシャンカップ制覇を成し遂げ、賞金2500万円を獲得し、賞金ランクトップに躍り出て、年末のグランプリ出場を決定づけた。2着には1号艇の丸岡正典、3着には新田雄史が入り、内枠3艇での決着となった。

 昨年に続き、石野が“海の男”に輝いた。高校時代には、大阪の強豪・近大付の野球部で主将も務めた元高校球児は、やっぱり夏に強かった。強烈に伸びを仕上げ、3コースからコンマ03の全速S。1Mで差しハンドルを入れると、丸岡、新田との争いをあっさり制した。「自信がつく。1枠以外で勝てた」と誇らしげに語った。

 昨年は強力エンジンで圧勝した。今年もエース級の73号機を引き当てたが、前節転覆の影響もあり、初日は5、6着に終わった。ここから本体点検、ペラ調整で立て直し、パワーを引き出した。「今節は余裕があったが、出来過ぎ」と笑ったが、機力に気力がマッチングした優勝だった。

 これで一気に賞金ランクトップに躍り出た。3月の戸田周年優勝戦でFを切った罰則で12月28日までG1・G2には出走できないが、これで年末のグランプリ出場をほぼ確実にした。

最終更新:7月18日(月)19時20分

デイリースポーツ